2004/12/23

ハウルの動く城

心の温まる映画でした。

アニメはあまり見ない分野なんですが、話題になるとちょっと気になってしまって。
まあ、とりあえず観ておこうかなっていう軽い気持ちでみにいきました。

アニメの世界ってなんでもありで面白いなって思いました。
私にとって一番大切な守るべき人っているのだろうか。。。と考えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/02

スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー

映像的な部分でけっこう楽しめました。

全体的に、例えば「サンダーバード」のように、懐かしい感じのする映画でした。
でも、やっぱり新しいいままでにない映像であり、内容であり、楽しめました。

h-770-dにちょっと感動!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/25

砂と霧の家

いっぱいいっぱい泣いてしまいました。

ジェニファー・コネリーの苦しみ、ベン・キングスレーの一生懸命さが痛く感じました。誰一人悪くはないのに、こんなにつらい現実が(映画ですが…)おきてしまうなんて。。。誰もせめることはできず、辛く悲しく力強く、そして優しく。

映像的にも素的な場面がたくさんあり、私的にはかなり心に残る映画でした。いまでも胸に重くのしかかってるような感じですが、たまにはこういう感じもいいです。しばらくこの映画について考えてしまいそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/17

シークレットウィンドウ

いつもと少し違うジョニー・デップで新鮮でした。いつもちょっとくしゃくしゃっとした髪の毛で、肩のやぶれたガウンを羽織り、どうしようもないくらい怠惰な生活を送っているジョニー・デップ。そんな彼もまた素敵でした。
表情かわりますねぇ。

あちこちで、言動や行動、展開について、どういう意味なのか考えながら観ていました。
よくよく考えるとちょっと恐ろしい内容でもあるかな。
どこかで観たことのあるような内容ではあるけれど、あっという間に終わってしまったのは、やっぱりジョニー・デップの世界にひきこまれていたんだろうなー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/11/11

トリコロールに燃えて

ギルダ(シャーリーズ・セロン)、ガイ(スチュアート・タウンゼント)、ミア(ペネロペ・クルス)の3人のそれぞれを想う愛情が胸に痛く感じました。

人の本心は本当にどこまで理解できるのか?十分な理解をすることはとても難しいことだと思います。
ギルダが「何もわかってない」と。彼女の強さがかなしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/04

コラテラル

ヴィンセント(トム・クルーズ)一流の殺し屋なのに、いきなり一人目からアクシデントあり??
でもなぜだか悪の殺し屋を応援してしまうのはトム・クルーズだからであろう・・・。最後までトムの悪役になじめなかった。まあ、それはそれでいんだけどね。かっこいいから仕方ないね。マックス(ジェイミー・フォックス)がヴィセントの任務遂行の邪魔をしないことを一生懸命願ってしまった。でも、マックスはあの一日の間に随分たくましくなっていっったなー。ヴィセントのふりして乗り込んでいく時とか、最後に女検事を助けに行くところとか緊張感があってよかったです。

でも、一流の殺し屋のトムには最後まで任務遂行してほしかったなぁ。地下鉄降りて去ってゆく二人をばんばん、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/14

ツイステッド

自分が寝た男が次々と殺されてゆく。もしかして犯人は自分?
ちょっと前にテレビで「世にも奇妙な物語」で瀬戸朝香がこんなような役を演じてました。自分が寝た男ではないんだけど、私が殺したの???って内容全然違うんだけど、ジェシカ演じるアシュレイ・ジャドももしかして二重人格ってことないよなーっと思ってしまいました。

それにしてもいっぱいお酒飲んで記憶なくしてましたが(実際は飲んで記憶なくしてるわけではないのだけど、、、)早く飲むのやめたほうがいいよ。。。と何度も思っていました。容疑かかってるんだし、自分自身もわからなくなってきているのに、まだ飲むの?ジェシカ・・・。

結末はけっこうあっさりといっきに謎がとかれていってしまいました。もっと、だしおしみしてもらってもよかったなぁ。

ひとつ疑問。
窓からいつもジェシカのことみていたお婆さん、何か鍵をにぎってるんだって思いながらいろいろ考えながら観ていたんだけど、終わってみたらとくに何かあったわけでもないような気がする。何か意味あったのかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/06

スクール・ウォーズ HERO

何度も何度も涙しました!!感動です。よかったです。
「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」です。

昔テレビで観ていたこの年代はやっぱり観るべきです。
だって話のストーリー、展開はだいたいわかっていても、それでも何度も感動するから。
涙がとまらない。ってなぐらい熱くなってしまいました。

観る前は山下真司の印象がすごく強くて照英ってぴんとこなかったんだけど、照英もかなり熱くてよかったです。

なんだか、人生もっと真剣に生きなくちゃなんて思ってしまいました。明日からまたがんばろう!!なんて感じです。

映画館に着くまでの間、頭の中は昔テレビドラマで観ていた頃のHEROの曲がぐるぐる回っていたけど、今は大黒摩季さんのHEROがぐるぐる。。。

そうえいば「いそっぷ」のあだ名が使われていなかったのはちょっと残念だったなー。実際は「フーロー」だったみたいだから、こっちのほうがよりリアルなのかもしれないんですけどね。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/29

ヴァン・ヘルシング

ふつうに面白い(^-^;

とくに感動とか、考えさせられることとか、深い思いはでてこなかったけど、まあ楽しむことはできました。

でも、サウンドとか映像とかがけっこうよかったから映画館でみるといいと思います。
ヴァン・ヘルシングみながらリディックを思い出してたのは私だけではないと思うけどどうだろう?

最後はベタだけど、おきまりでうるっときました。ベタですが。。。
アナ王女は最後まできれいだったなぁ。

ヴァン・ヘルシング続編があるとかないとか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/22

ヴィレッジ

最初はドキドキしたよ。
ものすごく恐ろしいホラー映画なんじゃないかって・・・。

話が進むにつれて、真実がわかるたびに、少しずつがっかりしていきました。
CMではすごい「感動!!」なんてやってるから、よけいと期待してしまったかな?

ところでアイヴィはノアの色を感じ取ってたのかな?判ってて判らないふりしたのかな?
判ってたとしたらちょっと恐ろしい。恋人のかたきをとったってこと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧