« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005/01/26

TAXI NY

爽快です!

オープニングからベル(クイーン・ラティファ)のMTBの走りはよかった!出だしから爽快です。
ウォシッュバーン(ジミー・ファロン)には始めいらいらさせられましたが、なかなか笑わせてもらいました。ベルの指導?で運転もできるようになったしね。苦手な事でも肩の力を抜いて歌をうたい乗り越えましょう。
縦列駐車から発進させようと前後の車にぶつかりまくるところ、ありえません!!タクシーの改造も半端じゃない。凄すぎです。ベルの助手席に乗ってカーチェイスを楽しみたい!とにかくはちゃめちゃ。
銀行強盗団のボス役はモデルさんなんですね。きれいだったもんなぁ。スマートに颯爽と強盗して、あのドラテクの凄さ!うらやましい。

今日の映画館は前後左右お客さんがいなかったので、思う存分笑いながら楽しむ事ができました。
エンドロールでのNG集も笑えました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/01/22

マイ・ボディガード

ものすごく面白かった!はまりました!

私の好きな映画の分野ってこれだぁって思いました。
(どの分野といえばよいのかよくわかりませんが。。。アクションかな。マフィア系とか警察とやくざみたいな感じかな)

思ったより展開してゆく内容で大満足です。
このスピード感のあるもりだくさんなところがとってもよかった。

デンゼル・ワシントンが演じているクリーシー。めちゃくちゃいい!かなり痛々しいシーンがあり(特に指を一本一本切るシーンは恐かった)心臓ドキドキで目をたまにそらせつつも映画の世界にどっぷり入ってしまいました。ダコタ・ファニングの表情は本当に愛らしい!笑ってるとなんだか安心するし、泣いてる顔もまたかわいい。ピタが生きててよかった。

それにしてもメキシコの日常はなんて恐ろしいんだろう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/19

ネバーランド

ジョニー・デップすごい!

「シークレットウィンドウ」でも今までと違うジョニーデップに出会いましたが、今回この「ネバーランド」でも全く違う風貌で見事な演技だと思いました。私的にジャック・スパロウの印象が強いのかもしれない。素顔より特殊メイクの方に見慣れていたことに気づいてしまいました。。。

ジェームス・バリとピーターのやりとりでピーターが徐々に心を開いていく姿や新しい考えを見出す時(お芝居を作ったところとか。)に人間の成長をとても感じたけど、長男ジョージの成長ぶりもすばらしく彼の数々の発言にけっこう感動しました。(特にデュ・モーリエ夫人に意見をいうところ)
ところでケイト・ウィンスレットまだ20代なんですね。。それはそれはもうびっくりです。艶っぽいというかなんというのか。しかも4人の子持ちの未亡人。。。素的でした。

内容的に淡々と静かに進んでゆくので号泣とかはなかったけど、静かに心の中でジーンと熱くなるものがありました。子供の心を忘れずに、それはこの映画では想像力。信じていれば叶うということ。叶うと信じて何事にもがんばっていこうと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/01/13

いま、会いにゆきます

またまた泣いてしまいました。

「愛する人は何度出会っても愛する」んですねー。
そうだなぁ。そうなんだろうなぁ。

獅童さんは普段のテレビや雑誌等で見ていた印象とかなり違うけど、あーこんな表情するんだなーってさみしそうで切ない気持ちになりました。子役の竹井証はすごくかわいい!ひとつひとつの表情がとても愛らしい!「僕帰らなくちゃいけないんです」って走っていくとこなんかは、涙がとまりませんでした。
一面の向日葵のなかでの竹内結子の意思のある強い目も印象的です。

いい映画だったなー。愛って奇跡をおこすものだね。大切なのは愛する人の幸せかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/01/05

ターミナル

ビクター・ナボルスキー(トム・ハンクス)表情、行動、とてもおもしろかったです。

劇場内でもなんどかあちらこちらで笑いが聞こえてきました。感動より笑いの方が多くとても楽しめる内容でした。

空港という限られたひとつの場所で、さまざまな人間関係やドラマが生まれることにおもしろさを感じました。
ハッピーエンドじゃなかったところが逆に人間の感情とかつながりとかを考えさせられてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/02

富士山と初日の出

夜中のスーパー銭湯でひと汗流した後、思い立ったように富士山をめざし、東名高速道路を走らせること3時間半(ぐらいだったかな。。。)

富士川サービスエリアで眠い目をこすりながら早めの朝食?ラーメンを食べながら雑談。

6時30分ころ外にでて少し暗い富士山をみながら日のあがるのをまっていました。
少しずつ明るくなってゆく東の空のきれいなことといったら、一分たりとも目を離すことがもったいなく思えてずっとその場動くことができませんでした。オレンジ色から黄緑色、水色、青色のグラデーションは本当にきれいで寒さも忘れてながめてしまいました。(そのすぐ後寒さにまけて太陽が現れるまで車の中で待機することとなる。。。)

そして7時ころついにでました!これでもかというほどまぶしい太陽が!左手には赤く照らされた富士山が本当にきれいでした。この瞬間、富士山の左に一羽の鳥がひらり。「もしかして鷹???」

その後、車でかるく仮眠したあと向かうは、「白糸の滝」
マイナスイオン放出!たくさんの滝の流れといくつかの虹がすばらしく美しく、まさに今年1年のはじまりにふさわしい、素的な光景を今日一日でいっぱい目にすることができました。

初夢に見ると縁起がよいといわれている「一富士二鷹三なすび」
現実の世界にみることとなるとは!(本当に鷹なの??)旅の終わりに小なすもたべてみちゃいました!

超無計画の旅だったのに、本当に楽しくてよい一年のスタートになりました!そんな友達達とももう15年の付き合いになります。今年もどうぞよろしくね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »