« ハイド・アンド・シーク | トップページ | 交渉人真下正義 »

2005/05/11

阿修羅城の瞳

CGってすばらしい!
とりあえずなんとなく面白い世界を作り出してくれます( ̄▽ ̄;)

宮沢りえはきれいになったなー。ちょっと未亡人ぽい悲しげな所もあるけど。昔の「僕たちの七日間戦争」の頃は可愛かった♪今回の阿修羅城でも普通に話しているときはたどたどしく昔のかわいらしさをちょっと思い出させる感ありました。

出門(市川染五郎)のおちゃらけさは良いのか悪いのか・・・。真剣な場でちょっとくずすあたりが面白くさせているのか、はたまたすべてシリアスに通したほうが緊迫感がでてよいのではないか。どうだろうか。と思いつつ観賞。立ち振る舞いはさすがだなと思いました。きっと舞台で観たらかなり迫力あるんじゃないでしょうか?


|

« ハイド・アンド・シーク | トップページ | 交渉人真下正義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53884/4090198

この記事へのトラックバック一覧です: 阿修羅城の瞳:

» ★「阿修羅城の瞳」 [ひらりん的映画ブログ]
劇団☆新感線で上演され大ヒットした同名の舞台劇を映画化。 予告を見て面白そうだったので「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」 見たあと、続けざまに鑑賞。 2005年日本製作のロマンス・アクション・時代劇、130分。 あらすじ 江戸時代・・・平穏そうな町にも人間の姿を借りた魔物=鬼がはびこっていた。 見つけちゃぁ、叩き切ってたのが闇奉行と言われていた組織・「鬼御門」。 そこの一番の腕利き=鬼殺し... [続きを読む]

受信: 2005/05/14 00:50

« ハイド・アンド・シーク | トップページ | 交渉人真下正義 »