« クローサー | トップページ | サハラ 死の砂漠を脱出せよ »

2005/06/02

ミリオンダラー・ベイビー

悲しくて、ものすごく胸が痛くなる。とてもつらい映画でした。
鑑賞中じわじわとでてくる涙が長い間止まりませんでした。こんなに涙があふれてくるなんて。そんな映画です。とてもよかった!

人生は一生懸命生きなくてはいけない。立ち止まっている場合ではないなと思いました。
マギー(ヒラリー・スワンク)のように自分の道を信じて、目の前のやるべきことに一生懸命になり、信念を貫く生き方に感動しました。強くたくましく、自分を信じて生きていきたい。

フランキー(クリント・イーストウッド)とマギーのがボクシングを通じて、またお互いの家庭環境からか、父と娘とも似ている愛が生まれてゆく過程はとてもきれいで、深い絆を感じました。そこにスクラップ(モーガン・フリーマン)の存在感のある演技がさらに関係を深く内容的にも重厚感がでてきたように思います。不器用ながらも一生懸命生きる3人の姿に心を打たれました。

アカデミー4部門受賞(作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞)とのことですが、そういうのは実は自分自身の映画の良し悪しにはあんまり関係ないかなーなんて普段思っていたわけですよ。それが今回はさすがアカデミー賞のことだけはある!なんて矛盾したことを思ってしまいました。本当に素的な映画でした。

「モ・クシュラ」いいじゃないですか。

|

« クローサー | トップページ | サハラ 死の砂漠を脱出せよ »

コメント

TBありがとうございました。
色んな意味で凄い映画でしたね。
観に行ってから日が経つというのに
フッと、この映画のことを考えてしまってます。
「モ・クシュラ」、本当いい言葉ですね。

投稿: みずほ | 2005/06/05 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53884/4374204

この記事へのトラックバック一覧です: ミリオンダラー・ベイビー:

» 『ミリオンダラー・ベイビー』 [京の昼寝〜♪]
 “モ・クシュラ” ■監督・製作 クリント・イーストウッド ■脚本 ポ−ル・ハギス ■原作 F・X・トゥール ■キャスト クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー  ★第77回アカデミー賞主要4部門を制覇!   ・作品賞   ・監督賞 クリント・イーストウッド   ・主演女優賞 ヒラリー・スワンク    ・助演男優賞 �... [続きを読む]

受信: 2005/06/02 08:49

» ミリオンダラー・ベイビー [mizuho's room]
クリント・イーストウッド監督の「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。私の中 [続きを読む]

受信: 2005/06/02 09:04

» 映画「ミリオンダラ・ベイビー」 [RAKUGAKI]
正統派というか、なんか懐かしい感じのする映画でした。 不幸せな人生を送ってきた主 [続きを読む]

受信: 2005/06/02 09:33

» ■〔映画鑑賞メモVol.1〕『ミリオンダラー・ベイビー』(2004/クリント・イーストウッド) [太陽がくれた季節]
皆さん、こんばんは~ 私め、 昨晩のレイトショーで『ミリオンダラー・ベイビー』を鑑賞いたしました! じわりじわり、 映画のあれこれが今甦って来ています。 うーん、鑑賞した昨日よりも、むしろ、日が変わった今日の方が『ミリオンダラー・ベイビー』という映画の余韻に浸らずとも浸っていたというか何と言うか...((^^; ―皆さん、 そんなこんなで、 特に、先週木曜日ほどから本作でのあれこれでTBをさせて頂いたり、TBを頂いたり、コメントを頂いたり、私的にメールを頂... [続きを読む]

受信: 2005/06/02 13:45

» ミリオンダラー・ベイビー [ネタバレ映画館]
!けいを逆のとこいたりや。だいんなゃじ屈理はグンシクボ  この映画を観た直後に印象に残ったキーワードを書き出してみると、「110回目のプロポーズ」という言葉が残ってしまいました。「自分自身を守れ」とか「タフ・エイント・イナフ」よりもずっと強烈に・・・そして、アカデミー賞の結果は嘘じゃなかったと座骨神経にフックを食らってしまった気分です。ラスト30分に自然と涙が流れるというコピーも嘘じゃありませ�... [続きを読む]

受信: 2005/06/03 03:53

» ミリオンダラー・ベイビー [Akira's VOICE]
静かに熱く胸を打つ,味わい深く濃厚な人生ドラマ! [続きを読む]

受信: 2005/06/06 12:41

» 「ミリオンダラー・ベイビー」(試写会) [なつきの日記風(ぽいもの)]
夜の闇は夢を見せてくれるのに、 昼の明かりは全ての現実を隠してくれない。 原題:「Million Dollar Baby」 監督・主演・音楽:クリント・イーストウッド 出演:ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン 本編:133分 Story 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキー(クリント・イーストウッド)は、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップ(モーガン・フリーマン)と、昔ながらのジム、ヒット・ピットでボクサーを育成している。有望株のウィリーは、教え子を大事に... [続きを読む]

受信: 2005/06/07 01:46

» ミリオンダラー・ベイビー [新しい夜明け]
アカデミー賞4部門受賞作品 『ミリオンダラー・ベイビー』(MILLION DOLLAR BABY) <作品・監督賞(クリント・イーストウッド)・ 主演女優賞(ヒラリー・スワンク)・ 助演男優賞(モーガン・フリーマン)> を観にいってきました。(久々のビックタイトル) あらすじ ボクシング・ジムの経営者兼任の老トレーナー:フランキー (クリント・イーストウッド)の元に、 31歳のボクサー志望の女性:マギー(ヒラリー・スワンク)が やってくる。 弟子入りを志願するが、フランキーは女性ボクサーを育てる... [続きを読む]

受信: 2005/06/07 15:39

» ミリオンダラー・ベイビー [シカゴ発 映画の精神医学]
ミニブック「『ミリオンダラー・ベイビー』を7倍楽しむ方法」無料配布中  これは、ほとんど70年代の映画である。画面の雰囲気。全体の雰囲気が。最近はちっとも流行らないボクシング映画というのも、70年代である。    ファースト・シーン。年老いたクリント・イー... [続きを読む]

受信: 2005/06/08 13:13

» 人間の生き方を問う映画◆『ミリオンダラー・ベイビー』 [日々の記録と、コラムみたいなもの]
6月7日(火)TOHOシネマズ木曽川にて 最初に断っておくが、私はクリント・イーストウッドがあまり好きではない。 彼の若い頃の活躍については、実際のところよく知らないが、あそこまで歳を取ってもあくまで"ヒーロー"をやりたがる姿勢が好きになれなかったし、自分が監... [続きを読む]

受信: 2005/06/09 09:51

» 絆と命と・・・ [HamaHama]
久々の映画レビューです。今回は「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。 監督・主演があのクリント・イーストウッドという事で、かなり期待して観にいきました。前作「ミスティック・リバー」も非常に良い作品だったので。 正直、かなり期待以上です。個人的... [続きを読む]

受信: 2005/06/13 19:21

» ミリオンダラー・ベイビー [シネクリシェ]
 枯にして淡にあらず。……この映画を一口に表すとこういうことになるでしょう。  枯れた作品、枯れた演出というと、"枯淡の境地"という言葉があ [続きを読む]

受信: 2005/06/18 20:37

» ミリオンダラー・ベイビー [坂部千尋のsparrow diary]
 やっと{/apple_up/}します{/hiyo_en2/}まず言い訳から入りますが(笑)本当は昨日の夜書いたんだけど投稿直前にエラーで消えちゃったのよ{/kaeru_cry/}その後書き直す気力が無く、サクっと寝ました{/hiyo_z/}  ではでは日記予告してからかなり遅れましたが{/kirakira/}アカデミー賞で4冠に輝いた{/kirakira/}ミリオンダラー・ベイビー日記です{/kaeru_en2/}  ... [続きを読む]

受信: 2005/12/22 06:16

« クローサー | トップページ | サハラ 死の砂漠を脱出せよ »