« プライドと偏見 | トップページ | フライトプラン »

2006/01/27

スタンド・アップ

north_country

■あらすじ
夫の暴力に耐えかね離婚し子供を連れて故郷に帰ってきたジョージー。、10代で息子を産んでシングルマザーとなり、父親のちがう娘を連れて戻ってきたジョージーは子供たちのために自立を目指して、鉱山で働きだす。
しかし、職場では男性社会へ進出してきた女性達に対しての屈辱的ないやがらせがまっていた。
理不尽な男性社会からひとり立ち上がり戦っていく実話に基づいて描かれた感動作です。


■感想
女の私からみたらけっこうびっくりする内容でした。
ちょっとありえないというか、みてられない。。
R-15だけど、もっと言葉とか選んで中学生くらいの子達が見れる感じにしたら、きっと考えさせられることいっぱいあるんじゃないかなぁ。

そんなひどい状況からなんどでも勇気をもって立ち上がっていくシャーリーズ・セロンがすばらしい。たった一人であそこまでがんばって、そして周りにいる人たちまで動かしてしまう。だいたい正しい事が何かって、みんなわかっているのに正しい方向に進んでいかないのは何で?って感じで涙がでてくるよ。
自分だったら絶対に無理。後ろにいる女達の中にいると思うけど、勇気って言葉を忘れちゃいけないって思いました。。
父親ハンク(リチャード・ジェンキンス)が娘に対して「浮気がばれたのか?」なんていってるあたり、何いってるの?って感じですごくくやしかったけど、「娘の話を聞いてくれ」ってみんなの前で言ったところとか法廷のシーンで「娘に何をした?」ってつめよるシーンはかっこよかったなぁ。

観ているとちょっと辛くて心が痛くなるところいっぱいあるけど、勇気をもらえる映画です。これもすべてはシャーリーズ・セロンのすばらしい演技があっての映画でした。

|

« プライドと偏見 | トップページ | フライトプラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53884/8365811

この記事へのトラックバック一覧です: スタンド・アップ:

« プライドと偏見 | トップページ | フライトプラン »