« ミュンヘン | トップページ | ダイヤモンド・イン・パラダイス »

2006/02/17

漫画「もっけ」

mokke
作者:熊倉隆敏
出版社:講談社
アフタヌーンで隔月連載

あまり知らない作者だなぁと思いつつ、漫喫のおすすめ棚に置いてあったのでふと手にとってみた。
どうやらこの「もっけ」がデビュー作らしい。

「もっけ」とは漢字で「物怪」。
妖怪が見える姉(静流)と妖怪に憑かれる妹(瑞生)の話。プラス姉妹2人の頼りになるおじいちゃんもまたまたいい味だしてる。妖怪といっても話の展開は恐ろしいものではなく、かなりほのぼの系。内容から画風までとってもやわらかくて読みやすい。しかも妖怪っていうとすごく現実離れしたような感じだけど、この漫画に出てくる妖怪は日常の私達のまわりにいてもおかしくないような、普通な感じ。心の弱い時とか気分が落ち込んでるときは、もしかしたらこのもっけの仕業かもしれない。そんな風にちょっと考えさせられるお話です。

読み始めからほんわかと心温まる、読んでみるといんじゃない?って感じの漫画でした。長編ではなくひとつひとつ短編のお話ですが、次の話へ移りながら静流と瑞生の徐々に成長してゆく過程もなかなかよかったです。

|

« ミュンヘン | トップページ | ダイヤモンド・イン・パラダイス »

コメント

それはびっくりする!
日本の妖怪にはまったイギリス人ってなんか不思議だね。おもしろいww

投稿: kuu | 2006/02/18 00:49

「もっけ」って名前、ホンワリと柔らかい感じがしていいね。’ひらがな’だからかなぁ。

数ヶ月前、カフェでお茶してたら、隣のテーブルに一人で座ってた若いお兄さんから「日本人?ZASHIKIWARASHIって知ってる?」って突然聞かれたよ。笑。最初「座敷わらし」が聞き取れなくて(←ZASHIKIWARASHIだけが日本語だったの)何を言っているのかさっぱり分からず。だって、まさかココ(イギリス)で、イギリス人の口から「座敷わらし」の言葉が出るなんて考えもつかないし。どうやら日本の漫画にとっても興味のある(特に妖怪系)方だったようです。笑

投稿: Meg | 2006/02/18 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53884/8704418

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画「もっけ」:

« ミュンヘン | トップページ | ダイヤモンド・イン・パラダイス »