« DOOM/ドゥーム | トップページ | リバティーン »

2006/04/18

プロデューサーズ

Pro

■あらすじ
1959年のニューヨーク。落ち目プロデューサー、マックスの事務所に会計士のレオが訪れた。帳簿を調べたていたレオが、ショウが失敗したほうがお金が儲かるというカラクリに気づいたことで、マックスはレオを誘い、大金をせしめようと、史上最低のミュージカルのプロデュースを計画する。そして史上最低の脚本「春の日のヒトラー」を見つける。

■感想
出演者がみんながみんなそれぞれに個性があってすごく面白い!
ユマ・サーマンとっても素敵☆

会計事務所のシーンとかもとても面白かった。レオ・ブルーム(マシュー・ブロデリック)の心の動きが歌と踊りがとてもコミカルで楽しくて、新しい自分を見つけていく感じがよかった。

台詞から歌への自然な感じがこの「ミュージカル」ではとてもよかった。

でも、鑑賞中ひと席向こう側にいた人がとても大笑いしながら見ていて、私はあんなに大笑いできなくて残念だったなぁ。面白かったんだけど、あんなに大笑いはできなかったなぁ。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« DOOM/ドゥーム | トップページ | リバティーン »

コメント

For you? Chloraform and strapping tape. Or a magazine. Go with the one without the federal charges.

投稿: aleve | 2006/05/17 09:49

初めまして。
この映画は、場内が大爆笑に包まれていて、僕も大いに笑いました。
以前は僕も、映画館で笑うことができませんでしたが、ある時外国人グループが笑いながら見ていて、とても楽しそうでうらやましくなり、それ以来面白いシーンでは笑うことにしました。
すると、これまで以上に映画が楽しくなりましたよ!
でも、声を上げすぎると周りの迷惑にもなるので、程ほどにするよう気をつけていますけど。

次に笑える映画に出会ったら、是非声を出して笑ってみてくださいね。

投稿: のろろ | 2006/04/18 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53884/9654053

この記事へのトラックバック一覧です: プロデューサーズ:

» プロデューサーズ [日常のスキマ]
トニー賞12部門受賞という記録を持つ、ブロードウェイの大ヒットミュージカル「プロデューサーズ」の映画化。 マックス・ビアリストックがブロードウェイの名プロデューサーと呼ばれたのは、もう昔のこと。 今では最低のプロデューサーという評判が板についている。ある日ビ..... [続きを読む]

受信: 2006/04/18 19:29

» プロデューサーズ [映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ]
●『プロデューサーズ』2006年4月8日公開。1968年版は観ていないけど予告を観る限り楽しそうな仕上がり。どっかで見た顔だなと思ったら『マウス・ハント』のネイサン・レインが出てる。これは楽しいミュージカルコメディかな。メル・ブルックス氏『スペース....... [続きを読む]

受信: 2006/04/18 19:38

» 「プロデューサーズ」87点。 [mountain77 D.Reverse side]
「プロデューサーズ」hp 生でミュージカルを見るのが今年の目標なんだけど、なかなか忙しくていけてない。 だから、というわけでもないけどこの映画はすごく楽しくて良かった。 台詞と歌との絶妙のバランス、出演者の上質の表現力がとにかく素晴らしい。 観客の何歩....... [続きを読む]

受信: 2006/04/19 00:22

» 『プロデューサーズ』 [みみの部屋]
http://www.cinematopics.com/cinema/works [続きを読む]

受信: 2006/04/21 19:36

« DOOM/ドゥーム | トップページ | リバティーン »