« ナイロビの蜂 | トップページ | インサイド・マン »

2006/05/23

ポセイドン

Pose

■あらすじ
大みそかの夜、1400名の乗客を乗せて北大西洋を航海中の豪華客船ポセイドン号ではニュー・イヤー・イブ・パーティが行われていた。そんな中、32メートルの巨大な波ローグ・ウェーブ(異常波浪)が船に衝突する。とてつもない波に襲われた船は激しく揺れ、まもなく完全に転覆する。そんな中で10人の乗客・乗員が生還すべく船からの脱出を試みるが・・・。
1972年に公開された「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク。

■感想
あの豪華客船はタイタニックを思い出させるものがあった。そんなわけで、タイタニックのような感動を間違って期待。。。(^_^;)

死の恐怖の中での人間の心の動きはさまざまで、愛するものをより愛し、リーダー的存在のものはより的確な行動力をみせ、力を合わせて脱出を試みる様子がとても面白かったです。ただ、みんなすごく恐怖の表情をしている割には、あまり恐ろしさとかが伝わった来なかったのはなんでだろう。今日は試写会ということもあり、周りでたまに話してる人とかがいて自分自身第三者的な感じで観てしまったのがよくなかったのかもしれない。

逆さになっている船内を頭の中で逆転させて観たりしていました。いつ誰が脱落してしまうのか判らない展開はとてもショッキングで緊張しました。

にほんブログ村 映画ブログへ←読んでもらえたら、クリックしてね♪

|

« ナイロビの蜂 | トップページ | インサイド・マン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53884/10233200

この記事へのトラックバック一覧です: ポセイドン:

» ポセイドン [しんのすけの イッツマイライフ]
リメイクと書いていますが、 ポセイドンという豪華客船の舞台と、 逆さになった船からの脱出劇という設定だけが同じで、 登場人物の設定も、脱出方法も違っていますので、 ある意味別の作品と考えるのが正しいかもしれませんね。 ... [続きを読む]

受信: 2006/06/02 02:00

« ナイロビの蜂 | トップページ | インサイド・マン »