« 2006年7月 | トップページ

2006/09/28

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

Jac

■あらすじ
不死の海賊バルボッサからブラックパール号を奪い返した海賊ジャック・スパロウだが、逃れられない宿命が立ちはだかる。それは、今から13年前のこと…ジャックはブラックパール号の船長となるため、自らの魂と引き換えに、船乗りたちが最も恐れる“深海の悪霊”ディヴィ・ジョーンズと「血の契約」を交わした。そして今、その“契約期間”は終わり、ジャックの魂を取り立てるため、巨大な闇の力が海底をうごめいていたのだ。そして結婚式を控えたウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)とエリザベス(キーラ・ナイトレイ)を巻き込んで新たな冒険に出るのだが…。

■感想
やっと会えました!ジャック・スパロウ船長!最高です。
って全然かっこいい役ってわけじゃないけど。
前回よりもますますダメキャラで、調子いいし、適当だし、ビビリまくってるし、なんか最後べとべとになってて気持ち悪いし。。。
かなりやられまくり(ーー;)
それをすかっと演じられちゃうところ、本当にジョニー・デップってすばらしい!

話の展開も今回はまたも笑いどころ満載。一生懸命おもしろい☆

ターナー(オーランド・ブルーム)たちが丸いカゴ状の檻に閉じ込めらて一生懸命揺らして、上って、落ちて、走って、じたばた。
車輪の中でやめたらいいのになチャンバラ。キーラナイトレイがんばって叫んでるし。もうほっとこうよ。おいてこうよ。。。

エンドロール終了後、いつもこれ期待してます!
っていうか気になりすぎる終わり方。次回作が待ちどおしすぎ。

にほんブログ村 映画ブログへ←読んだら、クリックしてね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イルマーレ

Iru

■あらすじ
シカゴの病院の医師であるケイト(サンドラ・ブロック)は、湖畔に立つガラス張りの家から引っ越すことになった。家を出る時、次の住人宛てに手紙を残した。「郵便物の転送をお願いします。玄関の犬の足跡は元からありました」。
新しい住人アレック(キアヌ・リーブス)は、玄関を見たが犬の足跡はなかった。しかし翌日、迷子の犬がやってきて、ペンキで足跡をつけた。アレックは、このことをケイトに手紙で知らせる。数回の手紙のやりとりからアレックは2004年、ケイトが2年後の2006年の世界にいることを知る。2人の不思議な文通は続き、やがて愛し合うようになる。

■感想
キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック「スピード」での共演から12年!「スピード」がもう12年も前だったのかぁ。

こういうタイムトラベル的な物語はかなり好き。矛盾しまくりだけど。考えてると訳わかんなくなってきちゃう。もしここでこうしてああしたら、、、ん?おかしぃ。みたいに考えるのが楽しい。

この「イルマーレ」もかなり考えて頭の中おかしくなっていました。

でもケイトにとっては現在進行形の恋愛だけど、アレックスにとっては2年間なすすべが無いって感じでかなり温差があるようにも思う。
アレックスが約束のレストランにこなかったのがすごく寂しかった。なんで?ってすごくかなしかったけど、それはどうしてもいけれない理由があったのね。だから2人が最後ハッピーエンドで本当によかった。愛の深さが感じられるとても素敵なラブストーリーでした。

韓国の原作の方もかなり好評みたいなのでこちらも見てみようと思いますw

にほんブログ村 映画ブログへ←読んだら、クリックしてね♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

Tokyo_drift

■あらすじ
同級生との派手なカーレースの末に大事故を起こし地元の警察から指名手配された高校生のショーン・ボスウェル(ルーカス・ブラック)は、東京の米軍基地に勤務する父を頼って日本に逃亡する。
逃亡先の東京でドリフト・レースに出会ったショーンは、自らもドリフトにチャレンジするが、運転のテクニックが追いつかず、借りた車(日産シルビアS15)はボロボロ。そして、ショーンは日本の裏社会・ヤクザと深いつながりのあるチーム「D.K.(ドリフトキング)」に足を踏み入れていく。
レースの敗北により大きな借金を負ってしまったショーンは、D.K.のリーダー・タカシ(ブライアン・ティー)の伯父であるヤクザの組長・カマタ(千葉真一)に対し謝罪をするとともに、レースでタカシと対決することを申し出る。

■感想
立駐でのドリフトはかなりすごかった。接触ぎりぎり、すっごくきれい。ありえない。
「頭文字D」とは違うドリフトにわくわく。
実際峠攻めてる人はどうみるんだろう?

渋谷で撮影?って思ってたけど、渋谷をそのままハリウッドに再現したそうです。さすが!
そんな訳で渋谷の町は完璧だったけど、とてもとても日本ではありえない設定がちょっとなぁ。。TOKYO DRIFTの意味が全くないじゃん?これが東京?いや違うでしょ。ショーンの父親なんで銃持っってるの。ダメでしょ。ここは日本。

最後に!なんといっても一番よかったシーンはある俳優さんの登場です!!!
何々?聞いてないよぉ。ってこれで終わり?
いや、たいしたこと無いです。ただのファンです。
はい。ヴィン・ディーゼル本当に大好きです。

とにかくつっこみをしてはいけません。
爽快なスピードと完璧なドリフト、そしてランエボとヴィン・ディーゼルでとても楽しめました♪

にほんブログ村 映画ブログへ←読んだら、クリックしてね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/17

マイアミ・バイス

Maiami

■あらすじ
米国フロリダ州の楽園マイアミ。
ある日、南米と北米を結ぶドラッグ密輸コネクションに、合衆国司法機関の合同捜査の極秘情報が漏えいしてしまう。事態を受けてマイアミ警察特捜課の刑事コンビ、ソニーとリカルドが麻薬組織に潜入を開始する。それは南米に飛んで現地の犯罪組織と接触し、情報漏えいのルートを見つけ出すというもの。そして生還できる可能性は限りなくゼロに近い危険なミッションでもあった。

■感想
ソニー(コリン・ファレル)とリカルド(ジェイミー・フォックス)の強い絆とか、そぉいうからみとかがあったらもっと熱いドラマが展開されたような気がするけど、けっこうここあっさりだったように思います。

でもすごい派手なアクションとか涙涙の感動とかなかったけどいつも何か問題が起きている、始めから終わりまで平均的な感情で楽しめました。銃撃戦はやっぱり楽しいです!

意外と恋愛要素も多くて、リカルドの暖かい瞳と大きな手がすごくよかった。ソニーとイザベラはけっこう熱かったねぇ。で、熱いゆえにすごくキーパーソンになるのかと思いきやそれほどでもなかったね。

ただ私的にコリン・ファレルが気になって気になってしかたなかった。なんか私の中でのコリン・ファレルのイメージと大きく違う。。どんなイメージかって?もっと優しいイメージかなぁ。そして恋愛ぬきって感じ。だから愛するシーンとかすごく違和感感じちゃった。時として俳優さんのイメージを強くもってちゃうのはよくないねぇ。

ところで情報を漏らしてた人って結局誰だったのかわかったんだっけ?

にほんブログ村 映画ブログへ←読んだら、クリックしてね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/13

日本沈没

1億2千万人すべての日本人に捧ぐ・・・
Nihon_1

■あらすじ
1973年の小松左京原作「日本沈没」の大ヒット映画のリメイク版。
日本海溝近辺の大規模な地殻変動により、地球科学博士・田所の深海調査の結果日本が1年以内に沈没するという驚愕の事実が判明する。
その予測を裏打ちするかのように、各地の火山の噴火と大地震が次々と起こる。
政府は、諸外国に日本人の受け入れを要請するが人々を載せた大型船を、地震によって発生した巨大津波が襲う。1億2千万の日本人はどこへ逃れるのか?

■感想
数々の映画を見て同じような感想をもつことがある。守るべきものがある人間は本当に強いという事。非常事態の中人はどのような行動をとるのだろうか。生きるか死ぬかの瀬戸際の時にこそ本当に大切なものが見えてくるのだと思う。小野寺(草彅剛)も結城(及川ミッチー)も愛があってよかったなぁ。それにしてもミッチーって顔変わったねぇ。

しかし草薙くんと柴咲コウはいつのまにあんなに愛しあってしまったのだろうか。命をかけるほどの愛への経過にはかなり疑問。それでも草薙くんはなぜかかっこよかった。あの静かな愛と強い心に感動。

諸外国へ日本人受入れの要請とかするけど、日本人で一番多かった意見は「何もしないこと」。それが日本人の特徴。なんとなく分かる。そうなんだろうなぁ。この地で死ぬならかまわないと、愛する人と一緒なら。。そぉ思うのかもしれない。

田所博士(豊川悦司)の次でてくるセリフには大いに期待。
総理(石坂浩二 )の小泉さんぽい髪型になぜだか安心したりして(#^.^#)

でも今現在だって温暖化の影響で、地球全体の海面は年々上昇してるんだよね?そぉ考えると、今回のこの映画「日本沈没」も考え深い映画だね。

それにしても結局恋愛要素が一番大きかったように思う。たぶん地震や大噴火などの日本列島の大破壊に迫力がなかったからかなぁ。とにかく緊迫感にかける。なんていうか悲惨さがない。いや、とくに悲惨な所はみたくないけどね。でも伝わってこないんだよね。

ところで「日本沈没」のパロディ、筒井康隆作「日本以外全部沈没」もぜひ読んでみたい。オリジナルも今度みてみよう。

にほんブログ村 映画ブログへ←読んだら、クリックしてね♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ