« サイレントヒル | トップページ | マイアミ・バイス »

2006/09/13

日本沈没

1億2千万人すべての日本人に捧ぐ・・・
Nihon_1

■あらすじ
1973年の小松左京原作「日本沈没」の大ヒット映画のリメイク版。
日本海溝近辺の大規模な地殻変動により、地球科学博士・田所の深海調査の結果日本が1年以内に沈没するという驚愕の事実が判明する。
その予測を裏打ちするかのように、各地の火山の噴火と大地震が次々と起こる。
政府は、諸外国に日本人の受け入れを要請するが人々を載せた大型船を、地震によって発生した巨大津波が襲う。1億2千万の日本人はどこへ逃れるのか?

■感想
数々の映画を見て同じような感想をもつことがある。守るべきものがある人間は本当に強いという事。非常事態の中人はどのような行動をとるのだろうか。生きるか死ぬかの瀬戸際の時にこそ本当に大切なものが見えてくるのだと思う。小野寺(草彅剛)も結城(及川ミッチー)も愛があってよかったなぁ。それにしてもミッチーって顔変わったねぇ。

しかし草薙くんと柴咲コウはいつのまにあんなに愛しあってしまったのだろうか。命をかけるほどの愛への経過にはかなり疑問。それでも草薙くんはなぜかかっこよかった。あの静かな愛と強い心に感動。

諸外国へ日本人受入れの要請とかするけど、日本人で一番多かった意見は「何もしないこと」。それが日本人の特徴。なんとなく分かる。そうなんだろうなぁ。この地で死ぬならかまわないと、愛する人と一緒なら。。そぉ思うのかもしれない。

田所博士(豊川悦司)の次でてくるセリフには大いに期待。
総理(石坂浩二 )の小泉さんぽい髪型になぜだか安心したりして(#^.^#)

でも今現在だって温暖化の影響で、地球全体の海面は年々上昇してるんだよね?そぉ考えると、今回のこの映画「日本沈没」も考え深い映画だね。

それにしても結局恋愛要素が一番大きかったように思う。たぶん地震や大噴火などの日本列島の大破壊に迫力がなかったからかなぁ。とにかく緊迫感にかける。なんていうか悲惨さがない。いや、とくに悲惨な所はみたくないけどね。でも伝わってこないんだよね。

ところで「日本沈没」のパロディ、筒井康隆作「日本以外全部沈没」もぜひ読んでみたい。オリジナルも今度みてみよう。

にほんブログ村 映画ブログへ←読んだら、クリックしてね♪


|

« サイレントヒル | トップページ | マイアミ・バイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53884/11886697

この記事へのトラックバック一覧です: 日本沈没:

« サイレントヒル | トップページ | マイアミ・バイス »